合宿免許の期間中の怪我と補償

合宿免許の場合、ドライビングスクールがある現地で数週間は宿泊をして、卒業までを過ごすことになります。
また、自宅からドライビングスクールのある場所に行くまでの移動というものもあります。



このようなことから、合宿免許の行き帰り、あるいは期間中に、なんらかの事故にまきこまれてしまったり、怪我をしてしまったりということも、有り得る話であるといえます。

素敵な友部自動車学校情報サイトを使用する機会が増えています。

たいていの合宿免許では、受講生すべてを対象とした傷害保険があらかじめ掛けられているため、もしも事故や怪我といった事態があった場合には、すみやかにドライビングスクールに連絡をするとよいといえます。
特に、怪我によって、上下肢が動かなくなってしまったり、失明をしてしまったなどといった、後遺障害が残った場合には、自腹でそのリハビリの費用を捻出したり、入院代や手術代を負担したりといったことはかなりきびしいため、傷害保険があるのとないのとでは雲泥の差があります。このような合宿免許における傷害保険が適用されるのは、自宅を出てドライビングスクールに到着するまでと、ドライビングスクールに滞在する余暇を含めた期間内、そして、ドライビングスクールを卒業して自宅に帰るまでの経路といったすべてにわたります。



いずれにしても、事故や怪我ではそのまま放置しないということがたいせつとなってきますので、かならずドライビングスクールへの連絡をするということだけは、忘れないようにしましょう。